複数医療機器

2009年8月23日日曜日

心房細動患者の診断に外来心電図は重要指標

2009年8月21日MedWireニュース:慢性的持続性心房細動のほとんどの患者はカテーテルアブレー
ションで治癒されるようになった。過去10年間の研究により、薬治療抵抗性の発作性心房細動患者に対
し.松尾医師( Hôpital Cardiologiqueデュオーレベック、ボルドーのペサック、フランス)とその同僚が "肺
静脈カテーテルアブレーションを実施してきた結果にもとづき、 心電図で、心房細動の治療の成功を予
測できると発表した。調査対象の90人の患者の持続性心房細動は、その内の76人 ( 84 % )が、19カ
月後以内に、再発性心房頻脈性不整脈の再治療を行った。心房細動が3年1回を超えた範囲で再発す
るので、洞調律の維持、正常洞調律を、約15 %も達成するのは、長期的に難しい。さらに、現在、再発す
る心房細動を防ぐ、最適なタイミングで臨床介入の判断方法はない。心房細動のサイクルの長さを診断
する方法としての心電図( ECG )を使用して検討した。平均28 ヵ月後のフォローアップで、研究者は、心
電図の心房細動の出現サイクルの長さとAF発生期間を多変量解析で推定した。1年間のフォローアップ
で、洞調律は、心房細動患者のサイクルの長さ142 ミリ秒以上の場合で、約93 %に、142 ミリ秒未満で、
約68 %に維持された。 デビッドウィルバー医師( Loyola大学メディカルセンター、メイウッド、イリノイ州、
米国)は、 "これらのガイドラインは、シンプルで、魅力的であると評価した。
詳細は、J Am Coll Cardiol 2009; 54 : 788–795

0 件のコメント:

コメントを投稿