複数医療機器

2009年8月3日月曜日

携帯型VPNシステム

ニューヨークの訪問看護の効率向上に利用される携帯端末―
携帯型VPNシステムの実績報告
―――ネットモーション社の記事から、2008年2月27日

ニューヨークのVNSNY機構は、当該会社の携帯型VPNシステムを採用している。
その最大の機能は、医療従事者が、救急時の生体信号及び、ポイントオブケアの
検査データにリアルタイムでアクセスできる点である。
当該機構は、米国最大の非営利団体で在宅医療管理を目的として、
約一万の組織から成っている。一日平均三万人の患者よりの要請に対処し、
年間2百20万回の在宅訪問を実施している。
担当地域は、ニューヨーク、ウエストチェスター、ナッソウ一帯である。
訪問医療従事者は、タブレットPCや、ラップトップPCを用いて、カルテ記録や、
臨床データ、診断方法、処置方法を、どこにいても、入手でき、移動のアポイント
と共に、効率良く、対処している。
特に、この運用は、ネットモーション社の日々のバックアップで、より一層
使い易いシステム化が図られている。

0 件のコメント:

コメントを投稿