複数医療機器

2009年8月3日月曜日

VPN というセキュリティを考慮した LAN の普及が進んでいる。

インターネットや地域IP網といった公共の回線をあたかも自社のLAN
として使ってしまうパソコン技術です。
要するに 実態はインターネット網なのですが、このVPNの技術
を使うと、次のようなことが安全に行えます。更に特別なファイヤオール
や、ビスタのようなセキュリティの高いソフトウエアで安全を確保できます。

(1)離れた病院や医院、クリニックはもちろん自宅まで、
1つのLANの中にいるように動きます。
(2)自宅や病院から医院、クリニックのプリンタへ印刷できます。
(3)拠点病院の文書をG:とかH:とかのドライブとして
アクセスしたり出来ます。
特に心電図などのような生体データを必要な時に呼び出せます。

0 件のコメント:

コメントを投稿