複数医療機器

2009年8月14日金曜日

高周波アブレーション

ロボット遠隔操作システム使用の初期臨床の経験
(ハンセンメディカル、マウンテンビュー、カリフォルニア州)

右心房マッピングと心房細動(心房細動) 、心房粗動( AFL )の左の高周波アブレーション
を実施した。ロボット操縦鞘システム( SSSの) (ハンセンメディカル)は、安定性の高い
カテーテルで、操作上の自由度が大きい。
房室の解剖学的構造に対応する3次元再構成のシステムで実行された。
マッピングCARTO electroanatomic ( Biosense)やEnSiteNavXシステム(セントジュード
メディカル)の組み合わせで実施された。
カテーテル(ハンセンメディカル)は、肺静脈洞に使用されて、 3.5 ミリとthermocool
カテーテルを使って操作が行われ、円形のマッピングによって検証された。

0 件のコメント:

コメントを投稿